キャンマいじり

2児の母キャンマの日常漫画です。 主に子供のことを描けたらなと思っています。

保育園の運動会

064
娘の勇姿を素直に喜ばなくてごめん。

比較対象がなくて知らなかったけど、娘は走るのが速かったようです。
一緒に走った男の子が「練習でも娘ちゃんには勝てたことがない」 と言っていたらしいです。
そうなんだ…娘さん、保育園で運動会の練習の話し一切しないんだよね。
たぶん、分かってないんだろうな!(娘に運動会の練習始まった?と聞いてもNOと答えるが、お友達ママに聞いたらとっくに始まってたことがあった)

ちなみに息子は泣きっぱなしでした。
初めての運動会らしくてよかった!

で、今更の運動会ネタを平然と出すメンタル強いでしょ。
うちの保育園は運動会が遅めで10月の末だったんですよ。
暑くなくて良き良き。 
 

大事な物

062
膝裏ボコォさせたまま普通に外で遊んでますからね。
大人なら気になって仕方ないですよね⁉︎

チークなんてお外に持ってきても使う時ないでしょうに…
と思うけど、子供はお気に入りの物は持っときたいんですよね。
うんうん、わかるわかる。 
そして…
063
置いて帰ったら後でワーワー言うやつ。

ハロウィンパーティー

059
060

お友達親子も呼んでお菓子祭りハロウィンパーティーです!
お菓子の家なんてちょっとした夢じゃありません⁉︎
(本当は駄菓子じゃなくて、絵で見るようなクッキーとかクリームとかで出来たやつがいいけど、それは無理だし、うまい棒はうまいからなぁ!)
食べたい物を食べたいだけとか幸せ。
子供達も興奮気味に喜んでくれてママンは満足!
061
お菓子の家だものね、ちゃんと家の中にも入ってくれて母は嬉しい。

娘さん、4歳にして誰に教わるでもなく「塩→甘→塩→甘…」の無限ループ食べをしていてセンスを感じました。

もう晩ご飯はお菓子でいいよ、どうせ作っても食べんでしょ。
堕落したい人はチャレンジしてみてね☆ 
 
プロフィール

キャンマ

キャンマと申します。
旦那と娘(4歳)息子(2歳)の4人家族です。
落ち着きのない私の日常をマンガにしていくのでよろしくお願いします。